Cover
研究開発
単層カーボンナノチューブに関するOCSiAl研究者達の業績

OCSiAl 研究開発部門では、69名を超える科学者達が、物理、化学そして材料科学に取り組んでおり、その多くはナノチューブに関する国際レベルの専門家です。

OCSiAlの研究開発は、ロシア、上海、ルクセンブルグにあるそれぞれのTUBALL™センターで行われています。

TUBALL™センター

OCSiAlの研究開発センターは、新素材の試作を行う研究開発センターです。

TUBALLセンターは、世界各地でも単層カーボンナノチューブの需要が高い地域に設立されており、産業界は非常に速いペースでナノチューブの採用を進めています。 これらのセンターは、基礎研究から、パイロット生産ラインにおける TUBALL™ の使用方法の改善に至るまで、ソリューション開発の全段階をカバーしています。

上海のTUBALL™センターは、2019年12月に開設しました。その敷地は、1,260 m2あり、150種類の機器を備える12の研究室で、バッテリー、プラスチック、コーティング、複合材、エラストマーのための単層カーボンナノチューブの技術が開発されています。

2020年9月から活動を開始したTUBALL CENTER Luxembourg。最新精鋭の研究開発基地として350m2の敷地に50台以上の機材を備える。グリーンテクノロジーと未来の素材に焦点を当てて活動しています。

Focused on the Asian market, which is a crucial market for the company, TUBALL CENTER Shanghai provides technical support to customers in Asia-Pacific region.

科学への貢献

単層カーボンナノチューブを利用した研究開発を促進するため、OCSiAlでは、TUBALL™単層カーボンナノチューブの無料サンプルを提供しています。

サンプルをご要望の方は、get.tuball.com からお申し込み下さい。

OCSiAl の R&D パートナー

私達は、世界の科学者コミュニティーと積極的に協力し合い、共同研究を行っています。

OCSiAl営業所、代理店、R&Dセンターへの連絡先