Graphetron 50
OCSiAl の生産能力は、無限に拡大可能

単層カーボンナノチューブを用いて、産業界や日常生活で使われるあらゆる材料を改善する事を思いついたのは、OCSiAlだけではありません。そのことは、何百、何千ものナノチューブに関する研究開発と特許からも、明らかです。

商業生産

しかし、ナノチューブの生産能力を、研究開発のための試作レベルを超えて商業規模にまで拡大できる技術を生み出したのは、OCSiAlだけです。その発明をしたのは、OCSiAl創設者の1人、ミハイル・プレデチェンスキー。平面的な視点にこだわらず、私達にナノチューブを「育てる」方法を教えてくれました。 この技術により、人類全てが利用できる全ての素材を改善できるほどの量のナノチューブを生産する事が可能となりました。

Mikhail Predtechenskiy

Mikhail Predtechenskiy

ロシア科学アカデミー会員 。 単層カーボンナノチューブの商業規模生産技術の開発者。OCSiAl 研究開発部代表

80 トン
2020年時点でのOCSiAlの生産能力
space

OCSiAl による生産について

OCSiAl の技術の証し

品質

高品質の材料

生産規模

拡大可能性が無限

入手可能性

製造コストが低い

space
GlobeGlobeGlobeGlobeGlobeGlobeGlobeGlobeGlobeGlobe
ディフェルダンジュ
ノヴォシビルスク
Graphetron 1.0

ノヴォシビルスク

場所

2013年

操業開始

30 トン

年間生産能力

Graphetron 50

年間生産能力

ノヴォシビルスク

2019年

操業開始

50トン

年間生産能力

100 トン

拡大後生産規模

Graphetron LUX

ディフェルダンジュ

場所

2023年

操業開始

100トンまで

操業開始時の生産能力

Graphetron 50での生産量は、
毎秒、
600 000 000 km
分のナノチューブ
地球から太陽までの距離の4倍
Sun
OCSiAlの技術は、世界中で特許を取得しています。
50+
特許

OCSiAlの知的財産は、世界の多くの国々で保護されています。中国、欧州連合諸国、イスラエル、日本、ロシア連邦、大韓民国、台湾、カナダ、アメリカ合衆国、およびその他の国、アメリカを含む国々で50以上の特許の取得や申請を行なっています。