ナノ材料を利用することで特性改善がみられる状況に置いてナノチューブが放出されていないことが証明されました

最も新しい添加剤–単層カーボンナノチューブ–についての最近の研究では、目覚ましい結果が実証されました。これらのナノチューブを含んでいる材料は、それらの典型的使用のシミュレーションの間、機械的に圧力を加えられても、従来の添加剤とは対照的に、はみ出る粒子は見られず、また、独立した粒子が放出されることもありません。さらに、ナノチューブを配合化された材料は、非常に少ない量の微小サイズまたは超微細な粒子を放出するのみで、高い強度と結合力の向上を実証しています。