TUBALL™の応用

カーボンチューブには以下のようなユニークな特色があります。
100倍 鋼鉄より強い
1000°С 温度安定性
100万倍 チューブの内径比長さ
銅の5倍の軽さ 世界最良の針金
バスケットボールコート2枚分、 チューブ1gの表面積

グラフェンナノチューブはその特色によって、一番ユニバーサルな添加剤になりました。 電気化学的電流源 , タイヤとゴム , 透明伝導膜 , ポリマー複合材料 といった様々な工業分野で、材料性能の改善に役立っています。

電気化学的電流源

TUBALL® BATT発注

リチウムイオン電池

今、リチウムイオン電池は、そのパラメーター「コンパクトさ/エネルギー容量/出力/寿命」のバランスの良さ故に、最も普及した携帯式電気化学的電流源となりました。こうした電池の内部の仕組みは、電解質と電荷キャリアに隔てられた2本の電極棒からなるシステムになっており、この中にイオンリチウムが見られる。98%おリチウムイオン電池で、負極にはグラファイトやその誘導体が使用されています。また、陰極には様々なリチウム化合物が使用されています。

  • NCA - LiNiCoAlO2, ニッケルコバルトアルミン酸リチウム;
  • NCM (NMC) - LiNiCoMnO2, ニッケルコバルトマンガン酸リチウム;
  • LFP - LiFePO4, リン酸鉄リチウム;
  • LMO - LiMn2O4, マンガン酸リチウム

カーボンナノチューブの高い導電性、物理的補強効果というユニークな性質は、リチウムイオン電池の電極材料を変化させ、その性能と耐久性向上の大きな可能性を広げました。

特定のクライアントのためのソリューションを見出すとともに、市場に完成した総合的なソリューションを提案しているのは、まさにその故です。

完成した変性剤

サスペンジョンTUBALL™ BATT は、様々な化学成分からなるLi-ion電池の正極製造時の陽極ペーストへの添加剤です。TUBALL™ BATTを使用する目的は、電池のサイクル性の向上、放電と充電容量の著しい増加です。

TUBALL® BATTの主成分はTUBALL®のユニークな素材です。電極材料に0.01%(乾燥残留物重量)のTUBALL®を配合した場合、その高い品質によってLi-ion電池のサイクル性が増加します。

TUBALL® BATTの梱包単位は、1.5ℓ、20ℓ、200ℓです。標準的な技術プロセスにおける陽極ペースト製造段階の標準的な溶剤への添加物、或は溶剤の代わりに利用されています。

水系、有機系にTUBALL® BATT をお勧めします。

陽極ペーストの中で万遍なく分散したTUBALL®は、充電/放電サイクル時の機械的安定性を向上させ、長時間使用時の電極の割れや、機能しない死んだ部分の形成を阻止して、電極の補強をします。TUBALL®は、活性カソード材料の全ての粒子の高品質な電気的接触を提供する素晴らしい導電添加剤です。

多層カーボンナノチューブ、カーボンナノファイバー、その他同様の素材とは異なり、TUBALL® BATTは電極ペーストの粘度に大きな変化を与えません。結果として、技術的プロセスに大きな修正を加える必要性は生まれません。それはTUBALL®材料のユニークな性能と関連があります。特別に開発された単層ナノチューブを、その表面や長さに大きな損傷を与えずに、サスペンジョン中で非常に効果的に分散させる工業技術のお蔭なのです。

OCSiAl, 2014

開発の展望

OCSiAlグループの将来的な研究開発は、TUBALL®とシリコンをベースとするアノードのための高エネルギーで高性能な配合、LCO、NMC(NCM)、その他の最も一般的なカソード化合物とのTUBALL®の利用法に絞られます。


TUBALL®のリチウムイオン電池への応用に係るすべてのご質問は、OCSiAl副社長コンスタンチン・ノートマンまでお寄せください。 notman@ocsial.com

Find out how we change the world
カーボンの時代